八尾市にある小児科 アレルギー科 木村小児科へ

家庭で子どもを見守るために

もし急がなくてよかったら、おうちでゆっくり過ごせます。

子どもは病気やケガをしながら成長していきます。
突然の病気やケガ!そのときに家庭でどう対処すればよいか
わかっていると安心です。そのお手伝いに。

〜急いで救急!はどんな時? 家庭でどう過ごすか?〜

熱が出たら 吐いたら
息が苦しそう・妙な咳 体調がわかるようになろう
日ごろからよく見ておこう どこをどう見る子どもの体
夜間など迷った時の参考に  

【熱が出たら】

1静かに寝かせましょう。

1水分を与えましょう。

1寒気があるときは暖かく、熱がるときは涼しく。

1食事は?

1熱さましのお薬

【吐いたら】

1また吐かれてもいいように

1落ち着いて、きれいにしてあげましょう。

1吐いた物がどんな物か、見ておきましょう。

1水分は吐き気がおさまってから。

【ヒューヒューゼーゼー・息が苦しそう・妙な咳】

1呼吸の状態を見ましょう

以下の症状がなければひとまず安心。 ・息を吸うたび鼻の穴をふくらませているか?・肩でいきをしているか?
数時間内に受診を。慌てないけど夜を越さないで。
・体全体で息をしている。・おなかと胸がシーソーのように上下する。・眠っていられず苦しそうに起きてくる。
夜間でも受診を。

1部屋は暖かくして加湿しましょう。

加湿器がなければ部屋に洗濯物か濡れタオルを干します。

1水分を取りましょう。

ぬるめのお茶や白湯などを飲める範囲で多めに。

1のどへの刺激は避けたいものです。

冷たい空気や熱すぎ・冷たすぎ・刺激のある食べ物で咳き込むことがあります。

1咳き込んで、吐くときは

吐いた物をのどにつまらないように、寝ている時は頭を横に向けてください。

1のどや胸の温湿布

無理にする必要はありませんが、少し楽になります。

トップへ戻る

【子どもの体調がわかるようになろう!】

子どもの調子が良くないときは親も不安になり、病院にいくべきかどうか迷うものです。
しかし、子どもの状態から ・	とにかく早く病院にいかないといけない・	今急がなくても大丈夫・	家庭で見ていても大丈夫
かどうかを見分けられるようになれば安心です。

トップへ戻る

【日頃から良く見ておこう、わが子の体】

〜見て、触って楽しい、乳幼児の体〜

・おはよう元気かな?・環境でこんなに変わる皮膚の状態〜幼くても皮膚温を自律神経が調節・動いている時と眠っている時・おなかの変化は感動的
トップへ戻る

【どこをどう見る?子どもの体】

  1、機嫌・・・元気かな?
  2、食欲 ・・・いつもと比べて
  3、呼吸・・・見れば見える
  4、顔色や唇の色
  5、手足の冷たさ・爪の色
    ・・・健康な状態でも変化する。
       よく見て、よく触って。
トップへ戻る

【夜間など迷った時の参考に】

<急いで受診>と<今は見ていて大丈夫>

  急ぐ時 大丈夫な時
機嫌 ・全然遊ばない。  
・普通に眠れず変にぐずる
・少しは遊ぶ。
・いつも通り眠る。
食欲 ・何も食べたがらず
 飲もうともしない
・好きなものなら少しは食べる
 飲む。

(呼吸)
・息苦しそう ・熱に合わせてハァハァ。
 しばらくすると落ち着く
顔色が悪い ・1、2時間前と比べてより悪い。 ・どんどん悪くはならない。
・30分以内には顔色は戻る。
手足
が冷たい
・顔色と同様
 数時間経ってもまだ冷たい
・爪の色も悪い
・寒がる様子や顔色が悪いなど
  の症状が消えると戻る

※ 個人差もあります。 病気の経験を大切に、総合的に判断を。

※ おうちで過ごした翌日には必ずかかりつけ医を受診してください。

トップへ戻る